◆スキー道具の手入れはどうする?

◆スキー道具の手入れはどうする?

自前のスキー用品を揃えたら、シーズン後には手入れが必要になります。
手入れが必要なのは、主にスキー板とブーツです。
まず、ビンディングは、シーズンが終わったら外しましょう。
それからスキー板の手入れを行います。
スキーは、この手入れによって滑りが良くなったり、エッジが効かせやすくなるのです。
逆に言うと、この手入れを怠ると滑りが悪くなり、エッジも効きづらくなるのでカーブや停止の際のコントロールが悪くなります。
スピードが出しづらい上に、カーブや停止も思い通りにならなくなります。
初心者にはわからないと思うかもしれませんが、初心者だからこそ、その違いは大きく影響してきます。
自分の技術で補えないからです。
スキー板はワックスリムーバーを塗って拭き取り、エッジが鈍っている場合には削って整えます。
スキーブーツに関しても、汚れをとって不具合がないかどうかを点検しておきましょう。
万が一、不具合があった場合には直しておかなければ怪我の元となります。
また、スキーブーツはしっかり乾燥させてからしまうようにしましょう。
乾燥させたつもりでも中が湿ったままだったということも多々ありますから、中に手を入れて湿りがないかを確認する必要があります。
これらの点検を全て済ませてから収納・保管し、スキー板は翌シーズンに再度自分でワックスを塗って使用します。
一般的には、使用する一週間くらい前までに準備した方が良いと言われています。

◆スキー板やスノーボードの手入れは?◆せっかくスキー・スノボの板を買ったのだから、ちゃんとお手入れして長持ちさせたいですよね。
ここでは、初心者のあなたでもできるようなお手入れの方法をご説明したいと思います。
まずは、スキー板から。
スキー板は、元々買った時にベースワックスが塗られていることが大半ですが、スキー用のワックスを塗ってあげるだけでかなり滑りが良くなります。
あとは、トップとテールのエッジを紙やすりでほんの少し軽くこすって落としてあげるだけで、本当に滑りやすくなるでしょう。
スノーボードに関しては、ブーツを使用した後には、必ず陰干しすることをおすすめします。
放置してしまうと、カビや臭いが発生してしまうことが多いです。
スノーボードの板は、玄関などに立てかけて保管しましょう。
スノボの板もワックスを塗って手入れすると、滑りやすくなります。
今はスプレーワックスというものが売られているので、簡単にワックスをかけることができるはずです。
ちゃんと換気できる場所で、スプレーワックスをボードに吹きかけて、乾いたらコルクでこすりこむ。
これだけで、ワックス完了です。
次に滑りに行く時には、古いワックスを落としてから新たにワックスをかけてあげると滑りが良くなります。
滑った後は毎回温かい所に置き、布などで水滴をきちんと拭いて乾燥させることが重要です。
もし、錆がついてしまっているようならば、目の細かいやすりで軽く優しく磨いてあげるだけで簡単に落とすことができるでしょう。

関連ページ

スキーやボードはレンタルする?買う?
スキーを軽やかにこなしている人を見ると、自分も滑られるようになりたいと思うものですが、初心者はどこから始めるとよいのでしょう。ここではスキーを始めるのに必要なものやスキーの名所についてお伝えしています。
スキー、スノボーの初心者はどこのメーカー、ブランドを選べばいい?
スキーを軽やかにこなしている人を見ると、自分も滑られるようになりたいと思うものですが、初心者はどこから始めるとよいのでしょう。ここではスキーを始めるのに必要なものやスキーの名所についてお伝えしています。